アルコール性脂肪肝について調べてみた…

お酒と肝臓

お酒を長期にわたって大量に飲んでいると肝臓に障害を起こします。

肝障害の原因はお酒ではなくお酒飲みに特有の栄養の不足や偏りにあるのではないかという意見が強かった時期がありました。しかしながら動物実験でどんなに栄養のバランスのとれた餌を与えておいても、アルコールを与えるとかなり高い確率で肝障害が起こることが確認されました。

それからはお酒を長期間飲み過ぎることこそが肝障害の主な原因である。という考え方が主流を占めるようになったそうです。

アルコール性肝硬変は禁酒で治る!

長期にわたる飲酒が引き起こす肝障害は①アルコール性脂肪肝②アルコール性肝炎③アルコール性肝硬変に大別できます。

①から順に肝臓の状態は悪くなります。

①アルコール性脂肪肝

アルコールの摂り過ぎで肝臓の働きに変調をきたして肝臓に中性脂肪が溜まり大きく肥えてしまった状態を言います。

②アルコール性肝炎

お酒の飲み過ぎで急速に肝臓が相当に痛めつけられた状態です。 普段から酒をよく飲む人が宴会続きなどでいつもよりも大量のアルコールを摂取したときに起きる急性の肝障害です。
症状としては黄疸、食欲不振、吐き気、嘔吐、全身のだるさ、腹痛、下痢、体重減少などがあり、これを繰り返すとアルコール性肝硬変にまで進行していきます。

③アルコール性肝硬変

その発症率は年々増加しています。全ての肝硬変の中に占める割合は1961年の統計では1%でしたが1971年には30%を占めて現在は25~35%と見られています。
ただしアルコール性肝硬変は ウイルス性肝硬変と違い、断酒を続けていればすぐに改善の方向に向かい、命を落とすまでには至りません。 つまりアルコール性の肝障害はお酒との付き合い方で明暗が分かれるです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。